10月22日~長野県「星野富弘花の詩画展」開催情報

おぼろ月夜の館 開館20周年記念特別展 星野富弘花の詩画展

 

日時:2010年10月22日(金)~ 11月7日(日)【会期中無休】
開場時間 9:00 ~ 17:00 (入場は16:30まで)
入場料:一般・大学生 500円/小・中・高校生 300円

◆オープニングセレモニー 10/22(金) 9:00~
◆講演 10/22(金) 10:00~
「詩画を通して星野富弘さんを語る」 富弘美術館 館長 須藤 泚一郎氏
◆星野富弘 花の詩画展「こぎくコンサート」10/30(土)
 開演時間 19:00 入場料 / 一般 1,200円 小中学生 600円

主催:野沢温泉村、野沢温泉村教育委員会、おぼろ月夜の館
お問い合わせ/おぼろ月夜の館 〒389-2502 長野県下高井郡野沢温泉村 TEL.0269-85-3839

 

 

おぼろ月夜の館詩画展

 

おぼろ月夜の館詩画展2

 

 

長野駅から急行バスに乗り、約1時間15分で野沢温泉に着きます。

長野駅から急行バスに乗り、約1時間15分で野沢温泉に着きます。

 

途中、バスで千曲川を渡ります。

途中、バスで千曲川を渡ります。

 

野沢温泉村には13件の入場無料の外湯温泉があります。

野沢温泉村には13軒の入湯無料の外湯温泉があります。

 

山腹には野沢温泉スキー場があり、

山腹には野沢温泉スキー場があり、富弘さんも大学生の頃、パトロールのアルバイトをしたことがあり、1998年にはオリンピックが開催されました。

 

村の中心部に詩画展会場の「おぼろ月夜の館」(斑山文庫)があります。

村の中心部に詩画展会場の「おぼろ月夜の館」(斑山文庫)があります。

 

「おぼろ月夜の館」(斑山文庫)は唱歌を数多く作詞した高野辰之の資料館でもあります。

「おぼろ月夜の館」(斑山文庫)は唱歌を数多く作詞した高野辰之の資料館でもあります。

 

高野辰之は「春が来た」「春の小川」「故郷」「朧月夜」「紅葉」などの作詞をしました。

高野辰之は「春が来た」「春の小川」「故郷」「朧月夜」「紅葉」などの作詞をしました。

 

「おぼろ月夜の館」外観

「おぼろ月夜の館」外観

 

オープニングセレモニー風景

オープニングセレモニー風景

 

富弘美術館の館長が、富弘さんからのメッセージを読まれました。

富弘美術館の館長が、富弘さんからのメッセージを読まれました。

 

建物にあるカリヨンの音色とともに

建物にあるカリヨンの音色とともに

 

テープカットが行われました。

テープカットが行われました。

 

展示会場は2階にあります。

展示会場は2階にあります。

 

展示室

展示室

 

展示室

展示室

 

ショーケースには、スキー場でパトロールをしていた且つての富弘さんの写真が展示してあります。

ショーケースには、スキー場でパトロールをしていた且つての富弘さんの写真が展示してあります。

 

展示室

展示室

 

感想ノート

感想ノート

 

オープン後10時から富弘美術館館長が「詩画を通して星野富弘さんを語る」の講演がありました。

オープン後10時から富弘美術館館長が「詩画を通して星野富弘さんを語る」の講演がありました。

 

DVDビデオコーナーは1階にあります。

DVDビデオコーナーは1階にあります。

 

販売コーナーでは書籍、絵はがき、カレンダーを販売しています。

販売コーナーでは書籍、絵はがき、カレンダーを販売しています。

 

岡本太郎氏もたびたびこの地を訪れたそうで、氏のデザインロゴが使われています。

岡本太郎氏もたびたびこの地を訪れたそうで、氏のデザインロゴが使われています。

 

秋の風景

秋の風景

 

夕景

夕景

 

花の詩画展開催情報TOPへ ≫

▲ ページトップへ