当サイトのコンテンツ(画像、テキスト等)を無断で複写、複製コピーしたり、転載等、二次的に使用することはできません。
詳しくはご利用規約をご確認ください。

“菊”の詩と絵が看護大学の入試試験に出ました。
「これを読んで看護とは何かを書け」という小論文でした。15年も前の話です。

それから私は星野さんの事が一生忘れられない詩人になりました。
無事大学合格し、今も看護師として2児の母として、毎日を模索しています。

(神奈川県 看護師 女性 みなまなママ 様)


私のお気に入り詩画

母の手は

菊の花に

似ている



固く握りしめ

それでいて

やわらかな



母の手は

菊の花に

似ている


(星野富弘 菊/『風の旅』/絵はがき集 第1集 収録)

▲ ページトップへ