富弘美術館案内

富弘美術館沿革

 1989年、「ふるさと創生事業」の事業案を東村の村民にアンケートしたところ、「村に星野さんの美術館を造るのがよい」という声が多くあがり、推進会議がスタート、当時ほとんど利用されていなかった社会福祉会館を転用、増改築して美術館にすることが決定し、1991年、星野さんの故郷、群馬県勢多郡東村(現 みどり市東町)に富弘美術館は開館しました。
 美術館をつくる計画があがった当初、星野さんは「どうせハコものはつくっても、そのうちクモの巣が張ってしまうのでは......」とためらっていたといいますが、連日たくさんの来館者でにぎわい、開館96日目で入館者が10万人を超えました。
 2005年、手狭になった美術館の建て替えのために世界中から設計案を募集。シャボン玉を集めたような円い部屋を組み合わせた設計案がコンペで選ばれ、新しい美術館に生まれ変わりました。2005年には入館者が500万人を超えました。
 富弘美術館は、草木湖のほとり、渡良瀬川と美しい山並みに囲まれた自然の中にとけこむように建っています。星野富弘さんの作品を原画でご覧になりたい方は訪れてみてはいかがでしょうか。作品のモデルとなった草花たちが、暖かく迎え入れてくれることでしょう。

写真:富弘美術館
1991年 5月12日、富弘美術館開館。8月、開館96日目で入館者が10万人を超える。
1994年 入館者が100万人を超える。皇太子ご夫妻行啓訪問。
1996年 本館増築完成。入館者が200万人を超える。
1999年 入館者が300万人を超える。
2002年 入館者が400万人を超える。
2005年 4月、新富弘美術館開館。12月、入館者が500万人を超える。
2006年 1月、熊本県に姉妹館の芦北町立星野富弘美術館開館。

営業案内

*詳しくは、富弘美術館にご確認ください。


開館時間

午前9時 ~ 午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日

12月~3月までの月曜日
月曜日が祝日の場合は火曜日
*展示替えのため臨時休館することがあります
*2008年9月1日(月)は、展示替のため臨時休館となります。
  詳しくは富弘美術館ホームページにて
http://www.city.midori.gunma.jp/tomihiro/

入館料

大人 500円
小中学生 300円
幼児 無料

団体(20人以上)は2割引
障がい者手帳をお持ちの方と介護者1名は半額

交通

わたらせ渓谷鐵道 神戸(ごうど)駅からバス10分

連絡先


富弘美術館

http://www.city.midori.gunma.jp/tomihiro/
〒376-0302 群馬県みどり市東町草木86
Tel.0277-95-6333 Fax.0277-95-6100

土の中の豆

富弘美術館の前庭にあるモニュメント「土の中の豆」

豆の上の横棒は、地表面を表しています。
「忍耐して待ち、失望してはならない」
「時がくると芽を出し、葉、更に花を咲かせ、多くの実を結ぶこことができる」
「悩み苦しみの中に必ず希望の光、新しい命が芽ばえる」
といったことを象徴させたものです。

絶好の記念撮影ポイントです。
富弘美術館オリジナル商品「土の中の豆」ストラップは、ミュージアムショップで販売しています。

「富弘美術館を囲む会」のご案内

「富弘美術館を囲む会」は富弘美術館の運営を協力、支援しているボランティアグループです。
会員の方(入会費が必要です)は富弘美術館の常設展が無料で観覧できる他、美術館季刊誌(年4回)が配布されるなどの特典があります。
現在国内外で25の支部が活動しています。
群馬県支部 / 奈良県支部(おだまきの会) / 山口県支部 / 岡山県支部 / 茨城県支部 / 長野県同好会(たんぽぽの会) / 広島県支部 / 宮崎県支部 / 鳥取県支部/熊本県支部 / 島根県支部(そらまめの会) / 静岡県支部 / ロサンゼルス支部 / ハワイ支部 / 新潟県支部(あさがおの会) / 福岡県支部(コスモスの会) / 和歌山県支部 / 徳島県支部(ジャパニーズレモンの会) / 三重県支部 / 和歌山県紀南支部(ぐみの会) / ブラジル支部 / 軽井沢支部 / 東京・神奈川県支部 / 栃木県支部 / (新潟県)とよさか支部/(発足順)

詳しくは「富弘美術館を囲む会」事務局までお問い合わせください。
お問い合せ先

ボランティアグループ「富弘美術館を囲む会」事務局
〒376-0302 群馬県みどり市東町草木86  富弘美術館内
Tel.0277-95-6333 Fax.0277-95-6100

▲ ページトップへ